ハミングウォーター 故障する可能性は?|初期設定時に確認する事

初期設定時にフィルターの取付不備がないか確認

ハミングウォーターは、さまざまな機能を有し、複雑性のある点から故障する可能性は0とは言えません。
冷水や温水だけじゃなく、常温のお水まで使える事やUVランプ殺菌、押しボタンによる自動抽出など、機能面から精密性のあるサーバー『フローズ』は、それだけ優秀なサーバーです。
もしもハミングウォーターを始めるときは、サーバーが届いたときから初期設定する際に必ずチェックした方が良い点がいくつかあります。
それによって、スタートから毛躓いて後悔するか、快適に使えて契約期間も気にせずずっと続けられるか、その差が大きく出てくるでしょう。

電源コードをいきなり入れない!まずは水道水を給水タンクへ

考えてみるとわかるんですが、初期設定する際、サーバーの内部は水道水は入っておらず空のままです。
この状態でコンセントへ電源コードを入れていきなり起動したらどうなるでしょう。
冷水タンクと温水タンクも起動し、空焚き、冷却をしてしまいタンク内部を傷めてしまいます。
最悪、サーバーが故障して最初からフローズの修理が必要になるケースも出てきてしまうので、このとき必ず水道水を給水タンクへ補充してから電源を入れましょう。
もちろん、必要な場所へ設置が終わって運ぶ事がなくなってからの話ですが…
水道水なんて、月に大量に消費しても水道代なんて微々たるものですし、最初に入れても最期に入れてもとくに値段が変わるわけでもありません。
きちんと取扱説明書どおりの手順いに従って水道水は先に入れるのが賢明な判断です。

水道水が汚い場合は掃除の頻度は守ろう

タンク内部があまりにも汚れている…つまり肉眼で確認できるほど大きなゴミなどが付着する場合、ハミングウォーターの取扱説明書で記載されている掃除・メンテナンスの回数は守る方が良いです。
飲めないクオリティの汚い水道水の地域などまずありえないと思いますが、決して可能性はゼロではありません。
また、給水タンクへ入れる量が何リットルかと言えば、約4L相当。
実際に入れる量は、その80%程度がベストとなっています。
適した量を入れ、そして決められたお手入れ回数に従って、キレイなままフローズを保ちつつ、快適なウォーターライフを送ってください。

水道水以外だと水が出ない(お湯が出ない)など故障の元

もちろん、水道水以外を入れる事で故障する原因となる場合もあります。
たとえば、井戸水のような水質がコロコロと変わる場合など。
不純物の多いお水は当然ながらハミングウォーターのフィルターでも対応しきれない雑菌なども数多くいる可能性があるので、お水の安全性が確保できないかもしれません。
また、水漏れやらお湯がぬるい、といった原因になる場合も…
一番最悪なパターンは、そもそも水が出ない、ピンポイントでお湯だけが出ないという可能性も無きにしも非ずです。
もしも意図的に故障を引き起こせばもちろん保証対象外で有料での修理になりますし、そのたびに返却方法を調べてサーバーを送り返したりこちらに送ってもらったり…そんな面倒臭いことは無いですよね。

万が一全点滅やうるさい音が鳴りだしたら…|株式会社コスモライフへ電話

万が一、きちんと説明書どおりの手順を踏み、サーバーを配送してもらってから水道水を入れて、電源を入れて(アース線も)、それでいてランプが全点滅したりうるさい音が鳴りだしたり…
そんな事があれば、もちろんそれはハミングウォーターのメーカー側(株式会社コスモライフ)で対応するべき案件です。
マイページなどログインする場所は無いので、電話でお客様用のサポートセンターへ問い合わせして返却方法を聞き、そして直してもらう形になるはずです。
メールでも構いませんが、返答が来るのに時間がかかる事もあるのであまりおすすめはしません。
料金は、自身の不備での故障か、それとも自然故障かで料金の有無は変わってきますので、そこは十分に留意してください。
ちなみに、味のおいしいまずいなどの話に関しては、味覚が関係することもありますし、RO水などと違いミネラルが含まれているのが水道水の特徴でもあるので、これで保証を使うのは厳しいかと思います。

TOPへ