新ロゴ_s.png

いのちと地域を守る津波防災アクション

「カケアガレ! 日本」は、東日本大震災の被災地・東北発の新しい津波避難プロジェクトです。

理念・目標

理念・目標

  1. 東日本大震災によって甚大な被害を受けた被災地・東北において、巨大津波災害の教訓や経験を活かした津波避難訓練プログラムを実施し、体系化する。
  2. 津波避難訓練プログラムを実施することで、津波避難における地域課題の解決を目指し、避難行動が記録や記憶だけでなく「習慣」として地域で代々受け継がれていく仕組みを構築する。
  3. 津波避難訓練プログラムを、今後巨大津波が想定される全国各地(国内外)に普及・拡大させていくことで、東日本大震災の教訓を活かした災害に強い社会を実現する。

コンセプト

コンセプト

津波避難訓練の”グランド・メニュー”
(=津波避難のレシピ集)

地域特性(地形、人口、居住者・エリア等)によって異なる避難課題に対し、「カケアガレ!日本」では、地域住民が自ら「選択・組合せ」できる訓練プログラムの「バリエーション(メニュー)」を提案する。

訓練プログラムを活用した津波避難訓練が繰り返し実施されることで各地域における避難課題が解決されると同時に、避難行動の習慣化(=“避難する文化”の醸成)を目指す。

訓練プログラムのバリエーションを開発・検証するため、各地域で津波避難訓練等を実施していく。

ミッション

ミッション

事業目標実現のため、東日本大震災の発生を受け、防災意識と津波避難の必要性に対する認識が高い今こそ、産官学が連携し、下記3つのテーマに取り組む。

  1. 津波避難における地域課題の解決(地域独自の避難ルールづくり)
  2. 習慣的・持続的な津波避難訓練プログラムの開発
  3. 津波避難訓練プログラムの普及・拡大

これらの実践によって「東北発の津波防災アクションの確立」を目指す。

実施体制

実施体制

カケアガレ日本実施体制図20140330.png

「カケアガレ! 日本」とは?

「カケアガレ!日本」とは?の紹介を動画で見ることができます。

Case04 「陸前高田市」の場合

2015年2月26日、陸前高田市で行われた模様を、動画で見ることができます。

Case03 「タイ・プーケット」の場合

2014年6月18日、タイ・プーケットのパトン地区で行われた模様を、動画で見ることができます。

Case02「宮城県山元町」の場合

2013年8月31日、宮城県山元町で行われた模様を、動画で見ることができます。

Case01「宮城県岩沼市」の場合

2012年9月1日、宮城県岩沼市で行われた模様を、動画で見ることができます。