新ロゴ_s.png

いのちと地域を守る津波防災アクション

「カケアガレ! 日本」は、東日本大震災の被災地・東北発の新しい津波避難プロジェクトです。

実施事例一覧

【津波避難訓練】

2013年8月31日実施

Case02 宮城県山元町

PN2013083101001198.-.-.CI0003.jpg◆企画主旨
平成23年3月11日発生の「東日本大震災」等の災害経験をもとに、今後も起こり得る大規模地震・津波等に備えるため、大津波警報が発表されたことを想定した町内全域の総合防災訓練を実施する。
特に、浜通り地区から丘通りまでの車による避難ルート及び避難所までの所要時間等を避難者等が自ら確認するとともに、車避難による課題の検証を行い、今後の防災体制の充実に役立てる。

・主催:山元町
・「カケアガレ!日本」企画委員会

◆実施概要
(1)日時:2013年8月31日(土)9:00~11:30
◎Ⅰ部:総合避難訓練 9:00~ 
◎Ⅱ部:防災イベント 9:30~11:30
(2)対象地域:宮城県山元町全域
◎Ⅰ部:総合避難訓練(避難場所=山下中学校、山下第一小学校、坂元中学校)
◎Ⅱ部:防災イベント(山下中学校体育館) 
(3)参加者:山元町民(計22行政区)
(4)実施体制:主催/山元町  共催/「カケアガレ!日本」企画委員会(東北大学災害科学国際研究所、河北新報社)
協力/東北大学災害科学国際研究所、河北新報社  後援/復興庁宮城復興局、国土交通省東北地方整備局、宮城県、気象庁
参加機関/山元町教育委員会・自主防災会連絡会・亘理警察署・亘理消防署・陸上自衛隊・山元町消防団・山元町交通指導隊・山元町婦人防火クラブ連合会・社会福祉協議会・山元町民生委員協議会・りんごラジオ・山元町工事安全協議会連絡会・自衛隊隊友会山元支部・各事業所等

◆防災イベント
総合避難訓練終了後、避難所でもある山下中学校体育館を特設会場として、地域住民を対象とした防災イベントを開催。地域住民が楽しみながら防災を学び・体験できる場としてさまざまな体験プログラムや催し、ブースを展開した。

◆広報・PR
総合避難訓練・防災イベントの様子は、宮城県内のテレビ局、新聞社だけでなく、全国各地の地方新聞にも掲載された。


TOP > 実施事例一覧 > 実施事例_津波避難訓練02山元町

「カケアガレ! 日本」とは?

「カケアガレ!日本」とは?の紹介を動画で見ることができます。

Case04 「陸前高田市」の場合

2015年2月26日、陸前高田市で行われた模様を、動画で見ることができます。

Case03 「タイ・プーケット」の場合

2014年6月18日、タイ・プーケットのパトン地区で行われた模様を、動画で見ることができます。

Case02「宮城県山元町」の場合

2013年8月31日、宮城県山元町で行われた模様を、動画で見ることができます。

Case01「宮城県岩沼市」の場合

2012年9月1日、宮城県岩沼市で行われた模様を、動画で見ることができます。